租税法律主義の原則




意義

租税法律主義とは、国家が租税を賦課及び徴収する場合には、必ず法律によらなければならないという原則である。

具体的な内容

課税要件法定主義

課税要件明確主義

合法性の原則

遡及立法の禁止



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク