出資金

勘定科目の使い方

「出資金」勘定には、株式会社以外の法人や組合への出資金額を計上します。

 

具体例としては、次のものがあります。
  • 持分会社(合名会社・合資会社・合同会社)・有限会社への出資
  • 組合(任意組合・パートナーシップ)・匿名組合・有限責任事業組合(リミテッド・パートナーシップ)など組合への出資
  • 信用金庫・信用組合・協同組合など協同組織への出資
  • 社団法人その他の法人への出資
  • 商工会議所への出資
  • 各種クラブ(レジャークラブ・テニスクラブなど)への入会金
  • ゴルフ会員権(株式型)
    • ゴルフクラブ入会金、名義書換料、仲介業者への手数料などの付随費用も含めて「出資金」勘定に計上する。
    • 預託金型のゴルフ会員権は、「差入保証金」勘定に計上する。株式型のゴルフ会員権は、「投資有価証券」勘定ではなく「出資金」勘定に計上する。
    • 預託金型ゴルフ会員権と株式型ゴルフ会員権を両方所有している場合、同じ勘定科目で処理するべきである。この場合、新たに「ゴルフ会員権」勘定を設定するか、「その他投資」勘定に計上することになる。

財務諸表・計算書類の表示区分

貸借対照表 >> 資産の部 >> 投資その他の資産

財務諸表・計算書類の表示科目

「出資金」

簿記の仕訳

「出資金」の増加は借方(左側)、「出資金」の減少は貸方(右側)に記入します。

会計・経理・決算処理上の留意点・注意点

営利を目的とした組合への出資

営利を目的とした投資事業組合(任意組合・匿名組合・投資事業有限責任組合)への出資については、「営業出資金」勘定を別に設けて計上する場合もあります。

関係会社に相当する法人への出資

関係会社(子会社・関連会社)に相当する法人への出資は、他の出資と区別して処理をします。「関係会社株式」「子会社株式」「関連会社株式」勘定に含めて処理をするか、「関係会社出資金」勘定を別に設けて処理をします。

ゴルフ会員権の評価

ゴルフ会員権は、時価評価せずに、取得原価で計上します。
ただし、取得原価より、時価(時価がない場合は実質価額)が50%以上下落した場合は、減損処理をする必要があります。
預託金型の場合は「貸倒引当金」勘定で、株式型の場合は「評価損」勘定で処理をします。

外国語表記

「出資金」勘定の外国語表記は、次のとおりです。
  • 英語:Investments in capital

投資その他の資産